全ての知識と知恵はSDGs(Sustainable Development Goals)のために。

目標04 質の高い教育をみんなに

目標4. すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

4.1 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、適切かつ効果的な学習成果をもたらす、無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。
4.2 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、質の高い乳幼児の発達・ケア及び就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
4.3 2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、手の届く質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
4.5 2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民及び脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
4.6 2030年までに、すべての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする。
4.7 2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。
4.a 子ども、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
4.b 2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国、ならびにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国及びその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
4.c 2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国における教員研修のための国際協力などを通じて、質の高い教員の数を大幅に増加させる。

教育・学び

「「記憶」を科学的に分析して分かった 小学生の子の成績に最短で直結する勉強法」内容の要約と紹介:菊池洋匡

成績に最短で直結する勉強法 科学的に分かっている タイトルの通り、科学的に分かっていることと、著者の塾講師としての経験則の混ぜた内容となっています。そのため、信頼できるエビデンス・ベースド・エデュケーションではないです...
教育・学び

勉強方法と記憶力に関する記事(2020年)

エビデンスの有りそうなもの/なさそうなもの、ごちゃ混ぜです。 単語を覚えるペースが20%アップしたという運動 ケント大学の研究で、記憶力の改善にもっとも効果的なのは中強度の運動だったという。 中強度の運動とは、最...
教育・学び

「やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」内容の要約と紹介:アンジェラ・ダックワース

やり抜く力 GRIT(グリット) レジリエンスとともに、重要な考えとなってきている「GRIT」「グリット」「やり抜く力」。その「やり抜く力」研究の第一人者アンジェラ・ダックワース教授による入門書。 「やりぬく力」を一言...
教育・学び

教育のパラダイムシフトをもたらす技術や考え方

このページは随時加筆・修正します 目新しい内容ではないです。誰かが、必ず書いている内容ですので、単なるまとめ記事です。 ただただ、子供たちが、時間を気にせず、場所も気にせず、人も気にしないで、必要かつ十分な、個人に合わせた...
SDGs(持続可能な開発目標)

「60分でわかる! SDGs 超入門」内容の要約と紹介:バウンド、佐藤寛、功能聡子

SDGsの入門書 全体的に経済活動寄りで書かれている。 企業にとってはPart3とPart4がとても重要。 今後SDGsに取り組まないことによるリスクは増えていく一方である。 これは製造業や小売業、金融業だ...
SDGs(持続可能な開発目標)

「未来を変える目標SDGsアイデアブック」内容の要約と紹介:Think the Earth、蟹江憲史、ロビン西

SDGsの入門書 入門書。若干おふざけ気味の漫画が差し込まれているので、好みがわかれるところだが、全体を通じてわかりやすく構成されている。 SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能...
SDGs(持続可能な開発目標)

「ファクトフルネス」内容の要約と紹介:ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナロスリング・ロンランド

SDGsを理解するうえで必要な一冊 公衆衛生学の専門家 著者は公衆衛生学の専門家である。医師であり、医学部で教えてきた。医療統計・疫学の基礎をバックグラウンドに、世界銀行と国連がまとめたデータを使って事実を示している。...
SDGs(持続可能な開発目標)

SDGs達成の切り札「ESG投資」

SDGs達成のための強力ツールである”預金” 2018年。日本人が保有している金融資産の総額は1,809兆円。国家予算は97兆7,128憶円なので、約18倍。 この金融資産はSDGsの切り札になる。 金融資産は預...
SDGs(持続可能な開発目標)

SDGs(エスディジーズ:Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)

持続可能な開発のための2030アジェンダ 持続可能な開発目標(SDGs)は、2012年、リオデジャネイロで開催された国連持続可能な開発会議(リオ+20)で議論が始まりました。 目的は、世界が直面する喫緊の環境、政治...
教育・学び

「「学力」の経済学」内容の要約と紹介:中室牧子

この本について 面白い!とても面白い! 教育経済学は応用経済学の一分野だそうだ。 分析のために膨大なデータを使っての統計分析や、実験というのは、最近よく読んでいる行動経済学系でおなじみなので、ものすごくとっつきや...
教育・学び

「直感力」を鍛えることが学力につながる

頭のいい子はみな「直感力」を鍛えている 頭のいい子はみな「直感力」を鍛えている 論理はとても重要です。しかし、高度な読解は論理と感性の相互作用で理解していきます。論理ばかりに目を向けずに、感性を高めることを優先すれ...
教育・学び

「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」内容の要約と紹介:松永暢史

本は最も安上がりな知育教材 たしかに、本が最も安上がりな「知育教材」であると思う。 息子が絵本が好きで、どう読んであげればよいのだろうかと思っていたところ、本書で「ゆっくりと、一音一音ハッキリと読む」という方法論を説いていたの...
教育・学び

7歳時の読解・計算能力と、35年後の社会的地位

幼少期における読解・計算能力が、大人になってからの成功に影響を与える 幼少期における読解・計算能力と、大人になってからの成功に相関性が判明 イギリスでの研究結果のようです。 英国の最新の研究では、幼少期における読...
フォローする
タイトルとURLをコピーしました