全ての知識と知恵はSDGs(Sustainable Development Goals)のために。

地政学

地政学

「想像の共同体」内容の要約と紹介:ベネディクト・アンダーソン

古典 本書はナショナリズム研究の古典ともいうべき本である。 ナショナリズム研究というと、いわゆる右翼的思想の研究かと思われるかもしれないが、ここでいうナショナリズム研究とは、いかにして「国民」の概念が成立してきたかとい...
地政学

帰属意識は”路線”に宿る STUDIO VOICE (2013.05.17)の記事

言われてみると、その通り。 住んでいる区や市よりも、路線で語ることが多いし、帰属意識も高い。 JRなのか私鉄なのか。私鉄なら、どこどこ会社の○○線、のように。 いやぁ、確かにそうだが、気がつかなかった。 東京に住む...
地政学

「動乱のインテリジェンス」内容の要約と紹介:佐藤 優,手嶋 龍一

本書でいうインテリジェンス ここでいう「インテリジェンス」とは、知性や教養を言っているわけではない。「諜報活動」およびそれに伴う「分析」を含む一連の知的活動を指している。うかつにも、現在の不安定な世界情勢の中において、いかに知識を得...
タイトルとURLをコピーしました